食器の断捨離でスッキリ!使用済みの食器でも寄付ができる⁈

片付け

最近断捨離という事に少し目覚めて、食器棚の整理をして思いきって断捨離しちゃいました。

お皿って実はほとんど毎日決まった物しか使ってないけど、中々処分することはできなくてまだまだ使えるお皿ばかりよ!と思っていました。

お客さんが来た時や、イベントの時はおしゃれなお皿出して写真に残したいし、言い訳はたくさん出てくるわけです(笑)

ただ、食器棚の整理は、地震対策にもなるという記事を読んでお皿が下に落ちれば割れるし、飛び散るのも危ないよなと思いました。

しかも我が家では私が背が低いのであまり使わない大きいお皿は上の方に置いてあります。

よく考えると非常に危ないです( ̄▽ ̄;)
なので、思い切って食器棚の整理をやってみました!

断捨離はいきなり捨てるぞ~‼ってやるよりもちょっと知識を入れて意識を変えるといいようです。

ネットでも簡単に調べられるし断捨離の本も結構出ているので気になる方はチェックしてみてくださいね♪

食器全部出します!

色々な記事を読んでいると、食器棚の断捨離では、「全部出す!」が基本のようです。
めんどくさいけどこれやってみると、全部出しをすすめるのがよ~~くわかりました。

出してみて、上の方にあった食器たち…    …    …
こんなのあったっけ?と忘れられていた食器たちです(涙)

重たくて使わないから手の届かない上に置いてあったけど、よく考えると危険ですよね?

その様なお皿たちがたくさんあることに気づかされました。
また、ヒビが入っているお皿もありました。

よ~く考えてお皿たちを見ると、頻繫に使うお皿がよくわかりました。

ここは思い切っていつ来るかわからない地震にも備えて整理します!

 

出し入れしやすい地震対策にもなる食器棚を目指す

せっかく食器の断捨離をするのだから、地震対策もしようと思います。

普段よく使用するお皿は、(お皿、小皿、茶わん、汁椀。コップ、はしと)自分も、子供も取り出しやすい高さの場所に集中させました。

あまり使わない、大きいお皿、どんぶりなど重たいお皿は、一番下に入れ、
一番下に入れていたタッパーをよく使用する2、3個以外、食器棚の一番上に持っていきました。今考えると、完全に逆でしたね(苦笑)

そして残ったお皿は、半分残して、半分は処分することに決めました。

総量が減ったことにより、かなりスッキリ!ぎゅうぎゅうに詰めていた食器棚もスムーズに出し入れでき、かつ地震対策を意識したので、重たいものを下の方へ、軽いものを上の方へ移動する事ができました。

 

使用済みの食器も寄付ができる⁉

食器棚の断捨離をしましたが、断捨離=捨てる
ですが、まだまだ使えるものはリサイクルショップに持って行ったり、フリマアプリで売ったりしますが、使用済みの食器はどこも買い取ってくれません。

欠けているお皿や、ヒビが入っているお皿は、思い切って処分できますが、ほとんど使っていないお皿は捨てるにはもったいない。。でも買取もしてくれない。

そこでおススメなのが食器を寄付するという事です。(私は処分してしまった後に知りました涙)

これには、ビックリしました。日本では不用品として処分されるものでも、海外ではしっかり使ってもらえるなんて(涙)なんてすばらしい「リユース」

もちろん欠けているものやあまりにも年季の入っているものはだしませんが…

まだ使えるものを簡単に破棄しないことは、ゴミの削減にもなるし、環境への貢献、海外の困っている人への貢献にもなるんだなと、食器棚を整理したら勉強したらこの様な寄付や貢献の事までまなべました☆

 

私が調べたこちらは食器が寄付できます。NPO法人運営のセカンドライフ

ただ送料は自分で支払います。

送料として、120サイズまでの箱で1,980円
160サイズまでの箱で、2,480円を頂いております。
※この料金の中に、セカンドライフから、お客様に専用伝票を送る送料と、 お客様からセカンドライフにダンボールを送る送料、が含まれます。

 

さいごに

食器を処分するというのは、最初はかなり勇気がいりました。
「だってまだまだ使える!」  「イベントの時使える!」

でも最近、断捨離について調べていた時に、心に響いた言葉

「断捨離とは物を捨てることを通して、心の中にある無意識に染みついた執着を手放すことです。」
を思い出し実践できました。

快適に使えて、地震対策も意識できてやって良かったと心から思いました。スッキリです♪

タイトルとURLをコピーしました